rmaruy_blog

読書メモなど

読書メモ:会社の中はジレンマだらけ(本間浩輔・中原淳 著)

会社の中はジレンマだらけ 現場マネジャー「決断」のトレーニング (光文社新書) 作者: 本間浩輔,中原淳 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2016/04/19 メディア: 新書 この商品を含むブログ (2件) を見る 北大CoSTEPの講義で本間浩輔さんの話を聞く機会があり…

読書メモ:ビッグデータと人工知能(西垣通 著)

ビッグデータと人工知能 - 可能性と罠を見極める (中公新書) 作者: 西垣通 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2016/07/20 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る どんな技術革新の「ブーム」にも、それに油を注ぐ(あおる)人と、水を掛けて火消し…

読書メモ:人工知能と経済の未来(井上智洋 著)

人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊 (文春新書 1091) 作者: 井上智洋 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2016/07/21 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る ここ数年AIブームで出てきた二つの懸念、つまり 人工知能が高度になりすぎて、制御不能…

読書メモ:脳はいかに治癒をもたらすか(ノーマン・ドイジ)

脳はいかに治癒をもたらすか 神経可塑性研究の最前線 作者: ノーマンドイジ,高橋洋 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店 発売日: 2016/06/30 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 従来であれば「治らない」と診断されるような脳の病気が、嘘のように治っ…

日々の雑感メモ:参院選の前に

先日お会いした、とある物理学者の先生が、「物理学者どうしの『議論』というものについて、いまひとつ理解されていないと感じる」というようなことを言っていた。 自分のアイディアを相手にぶつけ、アイディアの未熟な部分を指摘してもらって、より良いもの…

読書メモ:エントロピーの正体(アリー・ベン=ナイム著)

エントロピーの正体 作者: アリー・ベン=ナイム,小野嘉之 出版社/メーカー: 丸善出版 発売日: 2015/12/24 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る エントロピーという概念には、好奇心を引きつける力がある。 含蓄のある物理量だ。「…

読書メモ:脳がわかれば心がわかるか(山本貴光・吉川浩満)

脳がわかれば心がわかるか──脳科学リテラシー養成講座 (homo Viator) 作者: 山本貴光,吉川浩満 出版社/メーカー: 太田出版 発売日: 2016/06/07 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る 『心脳問題』(2004年)増補改訂版。旧版を読んでから2年…

読書メモ:文化進化論

文化や歴史や経済などの背後にある「法則」を知りたいというのは、多くの人が一度はもったことのある願望なのではないかと思う。 「なぜ梅雨になると雨が降るのか?」とか「なぜ歳をとると髪の毛が白くなるのか?」などの自然界の現象であれば、科学である程…

読書メモ:『脳・心・人工知能 数理で脳を解き明かす』

脳・心・人工知能 数理で脳を解き明かす (ブルーバックス) 作者: 甘利俊一 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/05/20 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 「え、甘利先生のブルーバックスが出たの? 読むしかない!」 そんな勢いでこの本を手に取…

読書メモ:Algorithms to Live By

Algorithms to Live By: The Computer Science of Human Decisions 作者: Brian Christian,Tom Griffiths 出版社/メーカー: Henry Holt and Co. 発売日: 2016/04/19 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る タイトルを素直に訳せば、「生活のなかの…

読書メモ:ひとを愛することができない(中島義道 著)

ひとを愛することができない―マイナスのナルシスの告白 (角川文庫) 作者: 中島義道 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2007/02 メディア: 文庫 購入: 8人 クリック: 45回 この商品を含むブログ (45件) を見る たまに、中島義道氏の著作が読みたくなる。先日…

読書メモ:認識とパタン(絶版)

認識とパタン (1978年) (岩波新書) 作者: 渡辺慧 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1978/01/20 メディア: 新書 購入: 1人 クリック: 32回 この商品を含むブログ (6件) を見る 先日『知るということ』を読み直したのをきっかけに、渡辺慧の著作をいろいろと…

読書メモ:リップヴァンウィンクルの花嫁

リップヴァンウィンクルの花嫁 作者: 岩井俊二 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2015/12/04 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (4件) を見る 心から面白いと思える小説に、近ごろ出会えていなかった。 「面白そうだな」と思って読み始めても、なぜか…

読書メモ:知るということ――認識学序説 渡辺慧(著)

知るということ 認識学序説 (ちくま学芸文庫) 作者: 渡辺慧 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2011/06/10 メディア: 文庫 クリック: 10回 この商品を含むブログ (1件) を見る 5年前にちくま学芸文庫から出されたこの本。 院生のときに読んでいたのだが、…

読書メモ:性と愛の脳科学

性と愛の脳科学 新たな愛の物語 作者: ラリー・ヤング,ブライアン・アレグザンダー,坪子理美 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2015/12/09 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 世の中には、男の人と女の人がいる。 普段は当たり前だ…

読書メモ:工学部ヒラノ教授の介護日誌

理系の研究者が書く本というのは、科学現象の原理を噛み砕いたものや、最技術のしくみを平易に解説したものなど、そのほとんどが研究対象について書かれたものだ。一方、研究者自身の、それも研究以外の仕事や人間関係にスポットが当たることは珍しい。その…

観賞メモ:牡蠣工場

渋谷のイメージフォーラムで『牡蠣工場(かきこうば)』を見てきた。 瀬戸内海に面した町での、牡蠣の養殖業を舞台にしたドキュメンタリー映画。 http://www.kaki-kouba.com/ 牡蠣工場というのは、収穫した牡蠣の殻を剥く作業場のことで、多くのシーンがここ…

読書メモ:「文系学部廃止」の衝撃

「文系学部廃止」の衝撃 (集英社新書) 作者: 吉見俊哉 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2016/02/17 メディア: 新書 この商品を含むブログ (3件) を見る 大学に文系は必要なのか? 白状すると、「必要ないかも」と思っていた時期があった。理系の自分からみ…

読書メモ:ライプニッツの情報物理学

ライプニッツの情報物理学 - 実体と現象をコードでつなぐ (中公叢書) 作者: 内井惣七 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2016/02/09 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 物理学で一番の謎はなにか? そう聞かれたら、僕なら「ダークエ…

思考整理メモ:人工知能ブームのあとにくるもの

祝日の昨日、トークイベントに行ってきた。またも人工知能の話だ。 ICC ONLINE | オープン・サロン スペシャル・トーク「シンギュラリティ:人工知能から超知能へ」 最近すっかり「人工知能」という言葉に敏感になっていて、読む本もブログに書くのも、気づ…

読書メモ:ユリイカ 2016年3月臨時増刊号 総特集◎出版の未来

ユリイカ 2016年3月臨時増刊号 総特集◎出版の未来 出版社・書店・取次のリアル 作者: 浅田次郎,菅直人,千葉雅也,市川真人,鹿島茂,斎藤貴男,高井昌史,福島聡,佐藤健一,堀部篤史,内沼晋太郎,永江朗,鈴木一誌,福井健策,大原ケイ,工藤秀之,小林浩,林智彦,鷹野凌,…

読書メモ:マインドフル・ワーク

マインドフル・ワーク 「瞑想の脳科学」があなたの働き方を変える 作者: デイヴィッド・ゲレス 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2015/05/29 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 「マインドフルネス」という言葉を本当によく聞くようになった。…

読書メモ:断片的なものの社会学

断片的なものの社会学 作者: 岸政彦 出版社/メーカー: 朝日出版社 発売日: 2015/05/30 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (19件) を見る 社会学という学問がある。 社会の片隅で起こっていることに光を当て、ときにマイノリティーな人…

読書メモ:ものづくりの反撃

ものづくりの反撃 (ちくま新書) 作者: 中沢孝夫,藤本隆宏,新宅純二郎 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2016/01/06 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 企業論や生産管理を専門とする経済学者3名による、日本の製造業についての鼎談と書下ろしを…

思考整理メモ:「強いAI/弱いAI」の区別とは結局何なのか?

めずらしく本以外のことを書いてみたい. テーマは「強いAI」(strong AI)と「弱いAI」(weak AI)について. 今日,会社で上司に呼ばれて「強いAIと弱いAIの違いって何なの?」と聞かれて,社内で人工知能に詳しいことになっている私なので,「それはですね〜…

読書メモ:大人のためのメディア論講義

大人のためのメディア論講義 (ちくま新書) 作者: 石田英敬 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2016/01/06 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る 「メディア論」という分野には、なんとなく興味はあったものの、これまで触れたことがなかった。…

読書メモ:心はすべて数学である

心はすべて数学である 作者: 津田一郎 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2015/12/09 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 日本のカオス研究の第一人者であり、最近はカオス理論と脳を結びつけた研究で知られる津田一郎先生の新刊。本書では、著者…

読書メモ: What Kind of Creatures Are We?  (by Noam Chomsky)

What Kind of Creatures Are We? (Columbia Themes in Philosophy) 作者: Noam Chomsky 出版社/メーカー: Columbia Univ Pr 発売日: 2015/12/15 メディア: ハードカバー この商品を含むブログを見る チョムスキーの新刊を読んでみた。袖の紹介文には“written…

聴講メモ:noth講座『花と宇宙』/2015年の6冊

週末,nothの主催する講座『花と宇宙』に行ってきた.物理学者の江本さんと小林先生による2部構成のトークイベント.江本さんは寺田寅彦の「椿の花の落下」についての研究を紹介され,小林先生の宇宙物理学の最先端について話された.「花」と「宇宙」という…

読書メモ:私の1960年代

私の1960年代 作者: 山本義隆 出版社/メーカー: 金曜日 発売日: 2015/09/25 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (3件) を見る 山本義隆という人のことが,いつも気になっていた.高校生のとき,「駿台予備校の先生」として存在を知った…

読書メモ:「読まなくてもいい本」の読書案内

「読まなくてもいい本」の読書案内:知の最前線を5日間で探検する (単行本) 作者: 橘玲 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2015/11/26 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 書店にいくと,とにかく本の数に圧倒される.自分が(ま…

読書メモ:リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください

リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください--井上達夫の法哲学入門 作者: 井上達夫 出版社/メーカー: 毎日新聞出版 発売日: 2015/06/16 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (14件) を見る 「若い書き手が上手いことを言って世相…

読書メモ:家族の哲学

家族の哲学 作者: 坂口恭平 出版社/メーカー: 毎日新聞出版 発売日: 2015/09/24 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 著者のことを何も知らずに,装丁に惹かれて書店で手にとったこの小説. 鬱病に悩む主人公「恭平」とその家族のやりとりの…

読書メモ:数学する身体

数学する身体 作者: 森田真生 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2015/10/19 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 2回目の通読を終えて,感想を書こうとパソコンの前に座った.けれど,どんな言葉を発すればよいのか躊躇している. 感想を書…

読書メモ:ソーシャル物理学

ソーシャル物理学:「良いアイデアはいかに広がるか」の新しい科学 作者: アレックス・ペントランド,矢野和男,小林啓倫 出版社/メーカー: 草思社 発売日: 2015/09/17 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る MITのメディアラボに勤める著者が,「社会(…

聴講メモ:アラン・チューリングの銀河系-スマートニュースとたどる本棚への道草-

昨晩,スマートニュース社で行われたイベントに参加してきた.面白かったので感想を書いておく. 正直,どういう趣旨のイベントなのかよく分からず参加した.社内につくった「アラン・チューリングの本棚」を披露する会だと聞いていたのだが,会社の中に本棚…

読書メモ:彼女たちの売春(ワリキリ)

日曜日の夜.また一週間が始まってしまうのは憂鬱だけど,最近は平日にも良いことが一つだけあって,それは「荻上チキ・Session-22」(月曜から金曜の夜22時から深夜にかけてTBSラジオで放送)が聞けること.この三ヶ月くらい,ほとんど毎日聞いている(眠く…

読書メモ:学術書を書く

学術書を書く 作者: 鈴木哲也,高瀬桃子 出版社/メーカー: 京都大学学術出版会 発売日: 2015/09/25 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る ビジネスメールの書き方,企画書の書き方,小説の書き方,論文の書き方……「どうやって書くか」を扱った…

読書メモ:The Master Algorithm (by Pedro Domingos)

最近,機械学習が盛り上がっている.理工系出版社に勤めていることもあり,普通の人より強くそれを感じていると思う.機械学習の本はとにかく売れる.その売れ方はちょっと異様なほどで,他の分野の新刊がどれも残念な部数しか売れないのに,機械学習本だけ…

読書メモ:職業としての小説家

職業としての小説家 (Switch library) 作者: 村上春樹 出版社/メーカー: スイッチパブリッシング 発売日: 2015/09/10 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (8件) を見る 村上春樹の自伝的エッセイ。「こんなに書いてくれるんだ」と思うほど饒舌かつ率直に…

読書メモ:Anxious (Joseph LeDoux著)

Anxious: Using the Brain to Understand and Treat Fear and Anxiety 作者: Joseph LeDoux 出版社/メーカー: Viking 発売日: 2015/07/14 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 『エモーショナル・ブレイン』などの著書でも有名なジョセフ・ルドゥ…

読書メモ:気候カジノ

The Climate Casino: Risk, Uncertainty, and Economics for a Warming World 作者: William D. Nordhaus 出版社/メーカー: Yale University Press 発売日: 2015/02/24 メディア: ペーパーバック この商品を含むブログを見る 気候カジノ 作者: ウィリアム・…

読書メモ:Humans Need Not Apply

Humans Need Not Apply: A Guide to Wealth and Work in the Age of Artificial Intelligence 作者: Jerry Kaplan 出版社/メーカー: Yale University Press 発売日: 2015/08/04 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 人工知能の危険性を指摘する本…

読書メモ:鏡映反転

鏡映反転――紀元前からの難問を解く 作者: 高野陽太郎 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2015/07/16 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る なぜ、鏡は左右だけを反転させるのか。 それだけについて書かれた本だという。 果たして、そんなテーマで1…

読書メモ:ゼンデギ(ネタバレあり)

Zendegi 作者: Greg Egan 出版社/メーカー: Gollancz 発売日: 2011/07/01 メディア: ペーパーバック この商品を含むブログを見る グレッグ・イーガンの『ゼンデギ』。 ※読んだ上で思ったことを書いています。これから楽しみたい方はご注意ください。

読書メモ:数学の大統一に挑む

数学の大統一に挑む 作者: エドワード・フレンケル,青木薫 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2015/07/13 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る ロシア出身でアメリカ在住の数学者であるエドワード・フランケル氏が、自身の研究テーマについて、自…

読書メモ:本を読むときに何が起きているのか

本を読むときに何が起きているのか ことばとビジュアルの間、目と頭の間 作者: ピーター・メンデルサンド,山本貴光,細谷由依子 出版社/メーカー: フィルムアート社 発売日: 2015/06/27 メディア: 単行本 読書という行為の得体の知れなさ。 この商品を含むブ…

読書メモ:その〈脳科学〉にご用心

その〈脳科学〉にご用心: 脳画像で心はわかるのか 作者: サリーサテル,スコット・O.リリエンフェルド,Sally Satel,Scott O. Lilienfeld,柴田裕之 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店 発売日: 2015/07/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る マーケティ…

聴講メモ:SYNAPSE Salon #2 公開議論 「Sense of AI (人工知能、自我、表現)」

先週の土曜日に、下記のトークイベントに参加した。 SYNAPSE Salon #2 公開議論 「Sense of AI (人工知能、自我、表現)」(少なくとも僕などからすると)ものすごく豪華なメンバーが集い、人工知能をテーマに語り合うという会。非常に刺激的だった。 以下…

読書メモ:工学部ヒラノ教授と昭和のスーパー・エンジニア

工学部ヒラノ教授と昭和のスーパー・エンジニア -森口繁一という天才- 作者: 今野浩 出版社/メーカー: 青土社 発売日: 2015/06/25 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 「ヒラノ教授シリーズ」の新刊。いったい何冊目になるのだろう…。 今回の主人…