rmaruy_blog

読書メモなど

認知科学

近刊紹介メモ:脳と時間(ディーン・ブオノマーノ 著、村上郁也 訳)…【編集担当による紹介文】

脳と時間: 神経科学と物理学で解き明かす〈時間〉の謎 作者: ディーン・ブオノマーノ,村上郁也 出版社/メーカー: 森北出版 発売日: 2018/10/10 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る ひょっとすると、来年から「サマータイム」が導入されるかもしれ…

読書メモ(再掲):知ってるつもり――無知の科学(S. スローマン & P. ファーンバック)

知ってるつもり――無知の科学 作者: スティーブンスローマン,フィリップファーンバック,土方奈美 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2018/04/04 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る ちょうど一年前に読んだ"The Knowledge Illusio…

読書メモ:The Elephant in the Brain(Kevin Simler & Robin Hanson)

The Elephant in the Brain: Hidden Motives in Everyday Life 作者: Kevin Simler,Robin Hanson 出版社/メーカー: Oxford Univ Pr 発売日: 2018/01/02 メディア: ハードカバー この商品を含むブログを見る 最近邦訳が出た『全脳エミュレーションの時代』の…

読書メモ:Altered Traits(Daniel Goleman & Richard Davidson)…「瞑想の脳科学」はどこまできたか

Altered Traits: Science Reveals How Meditation Changes Your Mind, Brain, and Body 作者: Daniel Goleman,Richard J. Davidson 出版社/メーカー: Avery 発売日: 2017/09/05 メディア: ペーパーバック この商品を含むブログを見る 瞑想の科学的研究の第一…

文献メモ:ディープラーニングを人間の学習に近づける(Lake et al. 2017を読んで)

論文を一つ紹介します。 Lake, Brenden M., et al. "Building machines that learn and think like people." Behavioral and Brain Sciences 40 (2017). https://cims.nyu.edu/~brenden/LakeEtAl2017BBS.pdf ニューヨーク大学のBrenden Lake、MITのJoshua Te…

【再掲】読書メモ:アルゴリズム思考術(B. クリスチャン、T. グリフィス著)

アルゴリズム思考術:問題解決の最強ツール 作者: ブライアンクリスチャン,トムグリフィス,田沢恭子 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2017/10/19 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 邦題と原題が結びつかず見逃していたのです…

読書メモ(再掲):かくて行動経済学は生まれり(マイケル・ルイス著)

かくて行動経済学は生まれり 作者: マイケルルイス,Michael Lewis,渡会圭子 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2017/07/14 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 『かくて行動経済学は生まれり』という邦題には意表を突かれた。副題の"Friendship"…

読書メモ:ブラックボックス化する現代(下條信輔 著)

ブラックボックス化する現代 変容する潜在認知 作者: 下條信輔 出版社/メーカー: 日本評論社 発売日: 2017/06/22 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 認知科学者、下條信輔氏による社会評論。2010年から執筆を担当している朝日新聞デジタル…

読書メモ:Behave(Robert Sapolsky著)

Behave: The Biology of Humans at Our Best and Worst 作者: Robert M. Sapolsky 出版社/メーカー: Penguin Press 発売日: 2017/05/02 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 「なぜ私はどうでもいいことで怒ってしまうのか?」「あの人はなぜ浮気…

読書メモ:The Knowledge Illusion(by Steven Sloman & Philip Fernbach)

たしか小学生のころ、「総理大臣ってすごいな」と思っていた。 自分は学校の宿題やら習い事やらで頭がいっぱいなのに、大人というのは自分以外のことにも気を配っている。たとえば通学路のガードレール。これが設置されるまでには、「この道にガードレールが…

読書メモ:おさなごころを科学する(森口佑介 著)

おさなごころを科学する: 進化する幼児観 作者: 森口佑介 出版社/メーカー: 新曜社 発売日: 2014/03/10 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 図書館の「子育て本」コーナーで何気なく手にとった本。斜め読みですませるつもりが、予想外にしっかりし…

読書メモ:The Undoing Project (by Michael Lewis)

前から、ダニエル・カーネマンのことが気になっていた。 それは、おもに『ファスト&スロー』の著者としてだった。『ファスト&スロー』は2011年に出た本だが、当時印象的だったのは、これを読んだ人が、皆得意げに「システム1」だとか「○○バイアス」だとか…

読書メモ:学びとは何か(今井むつみ 著)

学びとは何か――〈探究人〉になるために (岩波新書) 作者: 今井むつみ 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2016/03/19 メディア: 新書 この商品を含むブログ (8件) を見る 最近、「大人になっても学び続けることが大事だ」というようなことがよく言われている…

読書メモ:Algorithms to Live By

Algorithms to Live By: The Computer Science of Human Decisions 作者: Brian Christian,Tom Griffiths 出版社/メーカー: Henry Holt and Co. 発売日: 2016/04/19 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る タイトルを素直に訳せば、「生活のなかの…

読書メモ:知るということ――認識学序説 渡辺慧(著)

知るということ 認識学序説 (ちくま学芸文庫) 作者: 渡辺慧 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2011/06/10 メディア: 文庫 クリック: 10回 この商品を含むブログ (1件) を見る 5年前にちくま学芸文庫から出されたこの本。 院生のときに読んでいたのだが、…

読書メモ:鏡映反転

鏡映反転――紀元前からの難問を解く 作者: 高野陽太郎 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2015/07/16 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る なぜ、鏡は左右だけを反転させるのか。 それだけについて書かれた本だという。 果たして、そんなテーマで1…